2013年11月27日

日産自動車(株)の配当金 2,696円

日産自動車(株)の配当金 2,696円

日産より配当金が到着です。

日産からの配当金は、2,696円です。


日産自動車(株)の株
200株保有してます。

200株で、2,696円の配当金。

現時点(11/27)の株価が
927円で単元株数は100株なので
927円X100株=92,700円が日産の株購入に必要のようです。

7201
東証1部
輸送用機器
日産自動車(株)
927 前日比-3(-0.32%)

日産自動車(株)
設立年月日 1933年12月26日
市場名 東証1部
上場年月日 1951年1月
決算 3月末日
単元株数 100株

日産自動車(株)の配当金 2,696円



サイバーエージェント株 売り買いblog
徳山秀樹の投資資金1000万円で、毎月100万円を安定的に稼ぎ続けているデイトレード連勝法
タグ:配当金
posted by イベント投資戦略セミナー at 05:29 | 香川 ☀ | 配当金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年03月15日

システムトレードセミナー

システムトレードセミナー

プロフェッショナルを目指す人のため
のシステムトレードセミナー(理論編)


株式や先物等、機関投資家の立場で長いこと運用をしてきたプロのシステムトレードの実践知識を学びたい方。PCを使ったトレードシステムの構築法実演と、質疑応答に重点を置いた実践的な内容。
プロフェッショナルを目指す人のためのシステムトレードセミナー(理論編)





講座趣旨

アナタは何を基準に、売買をおこなっていますか??


例えば、こんな経験はありませんか?

●これだけ、短期間に下落したから、そろそろ反発するだろう・・・
●相場は崩れた、下落トレンドに入るに違いない。。

このようなことを考えて、短期の売買(トレード)をしている方は多いと思います。

結果として、

●反発すると思い、買ったらずるずると下げて損をする。
●まだ下がると思っていたら、ドカンと反発して損した気分になる。

こういった経験をお持ちの方は、結構多いのではないでしょうか?

裁量による取引では、損したり、得したりを繰り返しながら、
最終的には大半の投資家が、投資金額を減らしてしまいます。

感情に任せた売買を続けているかぎり、 残念ながら勝ち目はありません。

最悪のケースでは、二度と投資を行うことが出来ないくらいの損失をこうむって、相場から退場させられてしまうことさえ少なくありません。

敗因は、

”検証された根拠に基づいて売買を行っていない”
ということが挙げられます 。


きちんとした根拠に基づいた強力な売買手法のひとつが

今回学ぶシステムトレードです。

●実際そのトレードを行ったら、どのくらいの確率で儲かるか??
●一回あたりのトレードの平均利益は?リスクはどのくらいか??

このようなことを理解して、利益が出るという根拠に基づいて、
トレードしている方は、ごくわずかではないでしょうか。

システムトレードでは、 過去の統計データの分析上では利益が出るタイミングを見計らって仕掛けます。

そして、想定どおりに動いたときは利を伸ばし、想定と異なった動きをしても良いように、 損きりなどのルールもあらかじめ事前に決め、売買をルール化することで、 リスクも限定しつつ、売買を行います。

このように売買することで、事前に想定しているのに近い確率で 勝ったり負けたりしながら、トータルで利益をあげています。

実は、勝ち続けるトレーダーの多くは、
この利益が出る可能性が高いことがわかっている方法でトレードを行っています。

ところが、システムトレードと聞いて、 その具体的なやり方が目に浮かぶ方は少ないのではないでしょうか?

システムトレードをどのように構築していけばよいのか?
これが、一番知りたいポイントではないでしょうか?

今回のセミナーは、そんな方にとって、まさにぴったりの内容、
「プロフェッショナルから学ぶシステムトレードの構築法」です。


機関投資家の立場で、株式や先物等の運用で長年にわたり成果を挙げてきた土屋賢三氏から、プロが実際に行っているシステムトレードの具体的なやり方を直接学びます。







【講義概要】
システムトレード入門
プログラム(内容)
マーケットの原則
トレードの原則
システムトレードとは?
システムトレードの特徴
システムトレードの原則
バックテスト
Microsoft Excelの利用の各段階
トレードシステム構築のアウトライン
トレード戦略の考察
検証ファイルの標準的な構成
日々の実行ファイルの標準的な構成
マルチファクターモデルによる予測
マルチファクターモデル(Multi Factor Model)
重回帰分析(Multiple Regression Analysis)
回帰モデルの概念図
重回帰分析例題
重回帰分析、前処理のヒント
重回帰分析の手順
ニューラルネットワーク
トレードシステムの構築
Pan Active Market Database
Yahoo Finance
トレードシステムの実例
Microsoft Excelの代表的な関数一覧
Microsoft Excelの分析ツール
Microsoft Excelの分析ツール
Microsoft Excelの便利な分析ツール
VBAの利用
VBAによる自動化のポイント
条件分岐の代表的なステートメント
ループ処理の代表的なステートメント
マクロの実行速度を上げるステートメント
検証結果の評価・最適化
評価項目
評価の考え方
カーブフィッティングの陥穽を避ける
総括
プロフェッショナルを目指す人のためのシステムトレードセミナー(理論編)






システムトレードセミナー

プロフェッショナルを目指す人のため
のシステムトレードセミナー(理論編)




石田高聖の投資塾
posted by イベント投資戦略セミナー at 19:04 | イベント投資戦略セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PCを使ったトレードシステムの構築法実演

PCを使ったトレードシステムの構築法実演








【講義概要】
システムトレード入門
プログラム(内容)
マーケットの原則
トレードの原則
システムトレードとは?
システムトレードの特徴
システムトレードの原則
バックテスト
Microsoft Excelの利用の各段階
トレードシステム構築のアウトライン
トレード戦略の考察
検証ファイルの標準的な構成
日々の実行ファイルの標準的な構成
マルチファクターモデルによる予測
マルチファクターモデル(Multi Factor Model)
重回帰分析(Multiple Regression Analysis)
回帰モデルの概念図
重回帰分析例題
重回帰分析、前処理のヒント
重回帰分析の手順
ニューラルネットワーク
トレードシステムの構築
Pan Active Market Database
Yahoo Finance
トレードシステムの実例
Microsoft Excelの代表的な関数一覧
Microsoft Excelの分析ツール
Microsoft Excelの分析ツール
Microsoft Excelの便利な分析ツール
VBAの利用
VBAによる自動化のポイント
条件分岐の代表的なステートメント
ループ処理の代表的なステートメント
マクロの実行速度を上げるステートメント
検証結果の評価・最適化
評価項目
評価の考え方
カーブフィッティングの陥穽を避ける
総括
posted by イベント投資戦略セミナー at 19:03 | イベント投資戦略セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

システムトレードのプロフェッショナルな知識をマスター出来る

システムトレードのプロフェッショナルな知識をマスター出来る

まだほとんどの人がやっていないチャンスの大きな今だからこそ、システムトレードのプロフェッショナルな知識をマスター出来るこのセミナーに今すぐお申し込みください。















土屋氏は、システムトレードの世界において、多くのトレーダーが影響を受けている方です。

いまでこそシステムトレードが騒がれるようになってきましたが、この土屋氏は、システムトレードがまだ日本でほとんど認知されていないころから、システムトレードを行ってきました。

そして、今の日本のシステムトレードの普及に大きく貢献してきた方なのです。

土屋氏のそのご経験は、以下の「全数検索」というタイトルの日記記事からもわかります。




「全数検索」(日記『システムトレーダー、ツチヤのひとりごと』より抜粋)

「トレード関連の書籍に既にかいてある売買手法で継続的に利益を上げている人たちがいる」という話に関して、いちのみやあいこ氏と最近下記のようなやりとりをした。

Q.(いちのみや氏)
ほとんどの人がそれに気づかないのはどうしてなのですか?

A.(ツチヤ)
それは全数検索をしないからだ。 具体的には、「プログラミングのスキル」と「確率統計の知識」が足りないからだと思う。 書籍に書いてあることを、その文字通りの意味に限定して理解するのではなく、そこに書いてあるアイデアをあらゆるアセットクラス、銘柄に適応して検証することで、自分が全く気づかなかったものを発見することができる。 もちろんほとんどの検証作業は徒労に終わり、99.9%の結果はただのゴミにしか過ぎないだろうが、それでもごくわずかに役に立つものが残ればそれで意味がある。 なぜなら、これはアイデアの「フリーライド」だからだ。

以前はアイデアを出すこと自体が本来は価値のあることであった。一部の経験と知識のある人間だけが独創的なアイデアを考え、あるいは特殊なアノマリーに気づき、自分だけでそれを大事に使ってきたのだ。しかし現在では既にたくさんのアイデアが公開されており(そのほとんどは役に立たないが)、我々はそれに「ただ乗り」することができる。 全数検索さえできれば。

20年ほど前であれば、それだけの膨大な作業を行うことは、個人では不可能に近いことであった。


20年近く前に、ある銘柄の20年分のデータを取得するために、茅場町の証券会館の資料室に通いつめてせっせとコピーをとったことを思いだす。 しかし今は簡単だ。 PCもデータもあるのだから。

アイデアに至ることは時間的にも金銭的にも本来コストがかかるものだが、いまはそれが非常に安価に手に入る時代である。 そしてPCとデータベースがあれば、膨大な検証を行うことに必要な追加的なコストはごくわずかなのだ。 プログラムをセットアップしてあとは勝手に24時間365日自動でやらせておけばいいのだから。 かたっぱしから相場書を買って来て、次々と検証にかけていけばよい。 つまりシステムトレードはいまの時代に非常にマッチしたアプローチと言える。

しかし、残念ながらほとんどの人はその作業を面倒くさがって(あるいは効果に気づかずに)やらないだけなのだ。 それゆえその成果は、全数検索の効果に気づいた人たちの手だけにもたらされていることになる。




今回は、講義だけでなく、PCを使ってトレードシステムの構築法を実演していただき、質疑に細かく答えていきながら講義をします。

機関投資家として成果を挙げ続けている土屋氏から プロ中のプロの講義をリアルで受け、直接質疑もできる機会はなかなかありませ ん。

「残念ながらほとんどの人はその作業を面倒くさがって(あるいは効果に気づかずに)やらないだけなのだ。 それゆえその成果は、全数検索の効果に気づいた人たちの手だけにもたらされていることになる。」

この言葉からも、ほとんどのひとがやっていない検証作業を行った上でのシステムトレードが、相場に向き合う上でどれだけ強力な武器になるかわかることでしょう。


土屋氏から直接学び、システムトレードの構築法を身に付けることで、 合理的な判断を継続的に行い、利益をあげられる投資家になってください。



まだほとんどの人がやっていないチャンスの大きな今だからこそ、システムトレードのプロフェッショナルな知識をマスター出来るこのセミナーに今すぐお申し込みください。
プロフェッショナルを目指す人のためのシステムトレードセミナー(理論編)
posted by イベント投資戦略セミナー at 19:02 | イベント投資戦略セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いちのみやあいこ氏からも強くご推薦

いちのみやあいこ氏からも強くご推薦

今回のセミナーは、「日経225先物のシステムトレード入門セミナー」講師の、いちのみやあいこ氏からも強くご推薦いただいます。


プロフェッショナルを目指す人のためのシステムトレードセミナー(理論編)

こんにちは、いちのみやあいこです。

今回、私の先生である土屋氏を皆様にご紹介できることになり、大変光栄に思っております。

この方は日本におけるシステムトレードの啓蒙者ともいえる方で、その裏方的功 績はとても偉大なものがあります。

私も初心者時代から数多くの関連書籍やセミナーなどで勉強させていただきまし た。また、私を含め、同じように土屋氏の影響を受けたトレーダーから教わった等、間接的に関わった方も含めればその数は膨大なものになるはずです。

私などはまだまだ勉強中のトレーダーでありながらセミナー講師も勤めさせてい ただいていますが、私が初段にたとえるとするならば土屋氏は名人といったレベ ルですから、皆様が得られるものは計り知れないものがあるでしょう。

最上級の先生ではありますが、今回のセミナーでは難しい専門用語は極力控え、 初心者にもわかるようなやさしい解説を心がけ、質疑応答の時間もたっぷり取っ てくださるとのことですので、まったくの初心者の方から上級者のかたまで、ど の段階の方でも受講後は数段レベルアップできる、実り多い内容になることと思 います。

プロ中のプロの講義をリアルで受け、直接質疑もできる機会はなかなかありません。
プロフェッショナルを目指す人のためのシステムトレードセミナー(理論編)







石田高聖の投資塾


もちろん私も受講させていただきます。
posted by イベント投資戦略セミナー at 19:00 | イベント投資戦略セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

システムトレードセミナー

システムトレードセミナー

講座趣旨

アナタは何を基準に、売買をおこなっていますか??
プロフェッショナルを目指す人のためのシステムトレードセミナー(理論編)


例えば、こんな経験はありませんか?

●これだけ、短期間に下落したから、そろそろ反発するだろう・・・
●相場は崩れた、下落トレンドに入るに違いない。。

このようなことを考えて、短期の売買(トレード)をしている方は多いと思います。

結果として、

●反発すると思い、買ったらずるずると下げて損をする。
●まだ下がると思っていたら、ドカンと反発して損した気分になる。

こういった経験をお持ちの方は、結構多いのではないでしょうか?

裁量による取引では、損したり、得したりを繰り返しながら、
最終的には大半の投資家が、投資金額を減らしてしまいます。

感情に任せた売買を続けているかぎり、 残念ながら勝ち目はありません。

最悪のケースでは、二度と投資を行うことが出来ないくらいの損失をこうむって、相場から退場させられてしまうことさえ少なくありません。

敗因は、

”検証された根拠に基づいて売買を行っていない”
ということが挙げられます 。


きちんとした根拠に基づいた強力な売買手法のひとつが

今回学ぶシステムトレードです。

●実際そのトレードを行ったら、どのくらいの確率で儲かるか??
●一回あたりのトレードの平均利益は?リスクはどのくらいか??

このようなことを理解して、利益が出るという根拠に基づいて、
トレードしている方は、ごくわずかではないでしょうか。

システムトレードでは、 過去の統計データの分析上では利益が出るタイミングを見計らって仕掛けます。

そして、想定どおりに動いたときは利を伸ばし、想定と異なった動きをしても良いように、 損きりなどのルールもあらかじめ事前に決め、売買をルール化することで、 リスクも限定しつつ、売買を行います。

このように売買することで、事前に想定しているのに近い確率で 勝ったり負けたりしながら、トータルで利益をあげています。

実は、勝ち続けるトレーダーの多くは、
この利益が出る可能性が高いことがわかっている方法でトレードを行っています。

ところが、システムトレードと聞いて、 その具体的なやり方が目に浮かぶ方は少ないのではないでしょうか?

システムトレードをどのように構築していけばよいのか?
これが、一番知りたいポイントではないでしょうか?

今回のセミナーは、そんな方にとって、まさにぴったりの内容、
「プロフェッショナルから学ぶシステムトレードの構築法」です。


機関投資家の立場で、株式や先物等の運用で長年にわたり成果を挙げてきた土屋賢三氏から、プロが実際に行っているシステムトレードの具体的なやり方を直接学びます。
プロフェッショナルを目指す人のためのシステムトレードセミナー(理論編)


posted by イベント投資戦略セミナー at 18:58 | イベント投資戦略セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

システムトレードセミナー(理論編)

システムトレードセミナー(理論編)

プロフェッショナルを目指す人
のためのシステムトレードセミナー(理論編)


株式や先物等、機関投資家の立場で長いこと運用をしてきたプロのシステムトレードの実践知識を学びたい方。PCを使ったトレードシステムの構築法実演と、質疑応答に重点を置いた実践的な内容。
プロフェッショナルを目指す人のためのシステムトレードセミナー(理論編)







石田高聖の投資塾
posted by イベント投資戦略セミナー at 18:57 | イベント投資戦略セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年11月23日

イベント投資戦略セミナー

イベント投資戦略セミナー

どんな相場でも年率40%を目指す!イベント投資戦略セミナー



インデックス買いや東証一部昇格などにより発生した需給関係を利用して短期的に利益を上げたい方。エクセルを活用し新たなイベントを発掘する方法を解説。
どんな相場でも年率40%を目指す!イベント投資戦略セミナー




【講義概要】

○イベント投資の根底にあるもの
・業績だけでは株価は動かない
・「儲けた」の裏側にある現実
・イベント投資家に託された役割
・違いを生む違い
・ポーカーゲームを始めて30分経ったら



○お勧めイベント投資手法と最適な利用時期
・機械的な売買に乗る「インデックス投資」
・当たると大きい「東証一部への昇格」
・竹田和平さんも参考にしている「会社四季報」
・地味だけど根強い「株主優待」
・株価下落時期と上昇期の両方にごっつ使える「公募増資」
・ご存じ「斉藤手法」。ちょっとだけオリジナルでやってみる。
・滅多に機会がないけれど利用価値の高い「急落、急上昇」
・心のオアシス「似たチャート」



○エクセルを使ってダイヤモンド(イベント投資法)を発掘するノウハウ
・まず最初に決めるべきこと
・どこからデータを集めるか
・どうやってデータを整理するか
・視覚化する事で全体像を把握する
・Just Do It - でも最初は気をつけて!
・上級者となってエクセルマクロを使用する場合の注意点



○最後に
・イベント投資を運用して分かった思わぬ弱点とその対策
どんな相場でも年率40%を目指す!イベント投資戦略セミナー







イベント投資戦略セミナー

どんな相場でも年率40%を目指す!イベント投資戦略セミナー
posted by イベント投資戦略セミナー at 18:29 | イベント投資戦略セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年02月23日

どんな相場でも年率40%を目指す!イベント投資戦略セミナー

どんな相場でも年率40%を目指す!イベント投資戦略セミナー
インデックス買いや東証一部昇格などにより発生した需給関係を利用して短期的に利益を上げたい方。

エクセルを活用し新たなイベントを発掘する方法を解説。











どんな相場でも年率40%を目指す!



イベント投資戦略セミナー





講座趣旨

アナタは、下落相場や持ち合い相場がつづくとき、 利益を出せずに、時間と資金を失っていませんか?



多くの個人投資家は、買いを基本として投資を行っています。



そのため、上昇相場では利益を出しやすいのですが、

下落相場や持ち合い相場では、損失を出しやすい傾向があります。



では、そのようなときには、塩漬け銘柄を持ち続けるか、

または、株を買わずに黙って見ているしかないのでしょうか?



今回のセミナーでは、

サラリーマン兼個人投資家の夕凪氏から、そのひとつの解を学びます。



夕凪氏は、相場によらずに利益をあげ続け、

今年1月から10月12日までの厳しい相場の中でも、
+75%以上の成績を上げています。





多くの個人投資家が苦戦を強いられる中、

なぜ、夕凪氏は、相場によらずに、

このように高いパフォーマンスを出すことが出来るのでしょうか?





実は、株式市場には、
「株価に関係なくあるタイミングで株を買わざるを得ない人たち」

がいます。



夕凪氏は、このタイミング(イベント)を利用して

安定的な利益をあげ続けているのです。





では、そのイベント投資がどのようなものかについて、

夕凪氏の以下のコメントをご覧ください。





◆夕凪氏のコメント



カジノでのルーレットでは、赤と黒、どちらに賭けても勝つ確率(期待値)は一緒です。しかしながら、もし特別感謝イベントとして「黒色のマス数が赤色のマス数の2倍あるルーレット」を設置したらどうでしょうか? 誰しもが黒に賭ける事でしょう。



これと似たような事が相場でも常に起こっています。「日経平均の銘柄入替」や「公募増資」などのイベントが発生すると、「上昇」または「下落」のどちらかのマス目が増えてしまうのです。イベント投資はこの時を逃さずに賭ける投資法です。



もちろん100%勝てるわけではないのですが、世界同時株安やサブプライム余波さえも味方につけて、常に勝つ確率(期待値)が高い方に賭ける事で、じわりじわりと利益を伸ばし続ける事が出来るのです。





例えば以下は、日経平均の入れ替えイベントのデータを示した

夕凪氏の2007年9月29日の日記です。



夕凪氏がどのような点に目をつけて、

投資を行っているのか、その具体例をご覧ください。





特に注目すべきなのは、

日経平均への採用銘柄と、除外銘柄の引け間際の値動きです。
◆ 2007年09月29日(土) 15:00の夕凪氏の日記

タイトル:「日経平均買い日結果」より抜粋

昨日は年に一度の超特大イベント、日経平均銘柄の入れ替えに伴う日経平均買い日でした。総じて予想通りで、こんなに素直な値動きでいいのですか? どうもありがとうございます! といった感じでした。毎年こうだと嬉しいですね! !




コード 銘柄 ウエイト 出来高 当日比 VWAP乖離
3086 J.フロントリテイリング 0.27% 20140000 1.80% 1.61%
3436 SUMCO 0.11% 5468200 -0.85% 0.14%
2602 日清オイリオ 0.13% 16582000 -5.28% -1.22%
7231 トピー工業 0.08% 13762000 -4.66% -0.58%
日経平均先物 -0.88% -0.27%


J.フロントリテイリング(3086)は去年の採用銘柄である東急不動産(8815)とほぼ同じウエイトで、去年と全く同じように引けにかけてがんがん買われました。(出典: Yahoo Japan Corporation.)



J.フロントリテイリング(3086)






(中略)

日経平均買い日が終わると、私は1年の全てが終わった気になります。今からもう既に一年後の日経平均入れ替えイベントが待ち遠しいです(笑)。




これを見ると、日経平均採用銘柄でウエイトの高い

J.フロントリテイリング(3086)は、引け間際に大きな出来高を伴い、

急上昇しています。



それに引き換え、日経平均から除外される2銘柄は、

引け間際に大きな出来高を伴い、下落しているのがわかります。





なぜこのような値動きが起きてしまうのでしょうか。





なぜならば、そこには、

「どんなに株価が高くても、どうしても株を買わざるを得ない、

売らざるを得ない人たち」が存在しているからです。





夕凪氏は、他にも数多くのイベント投資を行って、

毎年、じわりじわりと利益を伸ばし続けています。





このイベントを活用して利益を得るためには、そのイベントの存在と、その分析結果による根拠を持っていることが大切です。



そして、より大きな可能性があるのは、そのダイヤモンドを探し出すためのスキルを身に着けていることなのです。



夕凪氏はこう語っています。



★夕凪氏のコメント



イベント投資法はまだまだ未開拓の分野です。私は4年程いろいろと調査し続けていますが、踏み込んでいない土地がまだまだたくさんあります。きっとそこには光り輝くダイヤモンドがいくつも眠っていることでしょう。



そこで皆様には、この光り輝くダイヤモンドが眠っている場所を発見しやすくするために、未公開の「ダイヤモンドを発掘するノウハウ」を伝授したいと思っています。



私は今まで100個以上のイベント投資法を公開してきましたが、1個につきおおよそ10時間近くかかっています。従って約1,000時間、40日以上ぶっ通し分のノウハウがぎっしり詰まっています。



そしていつか、ダイヤモンドを見つけ経済的自由となった私と皆様とが、南の島の楽園でのバーベキューパーティーに集う事を楽しみにしています。






今回のセミナー内容について、ほんの一部を紹介すると・・・


・日経平均の入れ替え日に、SUMCO株は上昇せずに、J.フロント株が上昇することが事前に想像がついた。その理由とは?

・TOPIX買いで上昇しやすい銘柄としにくい銘柄、それを見分けるポイントとは?

・FTSE買いはここだけチェックすればOK。その場所とは?

・売買インパクトがあるのに入れ替え銘柄が分かりにくいラッセル野村。それをいとも簡単に分かってしまう方法とは?

・東証一部へ昇格する銘柄を高確率で見破る方法とは?

・会社四季報でたった一箇所見るだけで2ヶ月間+15%を記録。その場所とは?

・上昇する株主優待は○○のあるのが有効。その○○とは?

・相場の上昇時期と下降時期に使い方が変わる公募増資銘柄。その使い方とは?

・エクセルを使ってイベント発掘。その時に考慮すべきパターンとは?

・MarketSpeed の RealtimeSpreadSheet で、銘柄をエクセルに一気に登録させる便利なワザとは?

・Yahooファイナンスから自動的に株価をエクセルに取り込むマクロ。その作成ポイントとは?



今回のセミナーでは、これらのイベント投資手法を、
自分のものにすることが出来るでしょう。


そして、相場によらずに、安定的なパフォーマンスをあげられるようになれば、時間を有効に使い、資産を増やすための大きな武器になります。





夕凪氏が今も使っている実践例を学び、

また、発掘法までを自分のものにしたいという方は、
今すぐ本DVDをご覧下さい。






どんな相場でも年率40%を目指す!イベント投資戦略セミナー



【講義概要】

○イベント投資の根底にあるもの
・業績だけでは株価は動かない
・「儲けた」の裏側にある現実
・イベント投資家に託された役割
・違いを生む違い
・ポーカーゲームを始めて30分経ったら



○お勧めイベント投資手法と最適な利用時期
・機械的な売買に乗る「インデックス投資」
・当たると大きい「東証一部への昇格」
・竹田和平さんも参考にしている「会社四季報」
・地味だけど根強い「株主優待」
・株価下落時期と上昇期の両方にごっつ使える「公募増資」
・ご存じ「斉藤手法」。ちょっとだけオリジナルでやってみる。
・滅多に機会がないけれど利用価値の高い「急落、急上昇」
・心のオアシス「似たチャート」



○エクセルを使ってダイヤモンド(イベント投資法)を発掘するノウハウ
・まず最初に決めるべきこと
・どこからデータを集めるか
・どうやってデータを整理するか
・視覚化する事で全体像を把握する
・Just Do It - でも最初は気をつけて!
・上級者となってエクセルマクロを使用する場合の注意点



○最後に
・イベント投資を運用して分かった思わぬ弱点とその対策




どんな相場でも年率40%を目指す!イベント投資戦略セミナー
http://ibentosousisemina.seesaa.net/
posted by イベント投資戦略セミナー at 08:32 | イベント投資戦略セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。